fbpx

出張撮影・ホームページ制作Accy

FINAL CUT PROからAdobe Premiere Proに乗り換え

917 views
約4分

乗り換えで毎月かかる費用と必要なパソコン環境

動画をパソコンで編集するソフトとして一般的に知られているのは、

FINAL CUT PROとAdobe Premiere Proだと思います。
FINAL CUT PROからAdobe Premiere Proに乗り換え
私の場合、通常は写真編集だけだったので、Adobe製品はPhotoshopだけで事足りていたのですが、

伝染病の影響で仕事が激減、たっぷりと時間があるため、動画の勉強をするにあたりPC環境を整理しました。

MotionElements - ロイヤリティフリー 動画素材マーケット、音楽、アフターエフェクト テンプレート

一番に考えたのが、動画編集ソフト、せっかく勉強するなら情報の多いソフトが良いので、

FINAL CUT PROからAdobe Premiere Proに乗り換えを検討。

ここで問題となるのが毎月のコスト・・・・・
Adobe料金
Adobe Premiere Proを使って動画編集を勉強するための準備を書き出して見ます。

今まではフォトプラン月額980円でした。

今後は、

Premiere Pro – 単体プラン 1,680 円/月 (税別)
After Effects – 単体プラン1,680 円/月 (税別)

単体プランを追加で、4,340円/月 (税別)になりますので悩みどころ。

Creative Cloud コンプリートプランだと、(赤文字は興味があるソフト

Photoshop ・Illustrator ・InDesign ・Adobe XD

Lightroom ・Acrobat Pro ・Animate

・Dreamweaver ・Premiere Pro ・Premiere Rush

After Effects ・Dimension ・Audition

・InCopy ・Lightroom Classic ・Media Encoder

・Character Animator ・Prelude ・Fuse ・Bridge

100 GBのクラウドストレージ、Adobe Portfolio、Adobe Fonts、Adobe Sparkのほか、最新の機能やアップデートをリリースと同時に利用できて

年間プラン, (一括払い) — 47,760 円/年 月額3,980円相当

価格設定うまいな〜と思いつつ、Creative Cloud コンプリートプランに決定。

月額4,378円(税込)以外に何が必要か?

Creative Cloud コンプリートプラン月額4,378円(税込)以外に必要なものといえば、

パソコンと外付けハードディスクまたはSSD。

私は、 iMac Late2015 メモリ32GBとiMacPro メモリ64GBとMacBookProメモリ16GBを主に使っていて、

パソコン歴30年の経験上、高画素の写真(D850やα7 α9など)や4K以外の動画であれば、メモリ16GBは最低でも確保した
パソコンが必要だった記憶があり、価格を重視するよりも、購入段階で考慮すべきポイントとして、

・不要なソフトがインストールされていないこと
・上位のグラフィックボードに取り替えできるマザーボード
・モニター

最低でも上記3点は真剣に考える必要があると痛感していますので、

Widowsパソコンを入れ替える場合は、家電量販店では購入せず、ドスパラとかパソコン工房などで検討することをお勧めします。

結論として、

FINAL CUT PROからAdobe Premiere Proに乗り換えるとなると月額4,378円(税込)は最低でもかかってきます。

外付けハードディスクの必要性

前項のCreative Cloud コンプリートプラン月額4,378円(税込)以外に必要なものとして、

パソコンと外付けハードディスク、そのハードディスクがなぜ必要なのか?!

理由は至ってシンプルでして、パソコン内のハードディスクまたはSSDを、動画の保管スペースとして消費するとPCの動作が遅くなる!

ここで概ね1万円前後から数十万円、必要に応じてお金がかかります。

まぁ、外食や娯楽を減らさざるを得ない状況、プラス思考で勉強しよ〜うっと!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
096-288-5153