fbpx

出張撮影・ホームページ制作Accy

ピントを広範囲であわせたい!フォーカスシフト撮影で実現

1446 views
約2分

LightroomとPhotoshopで深度合成写真( フォーカスシフト)を作る


本日の話題は車のお手入れ専門店エコスタイル熊本のホームページで
使用する画像を撮影する際に、一手間かけると見栄えが良くなりますよ!! です。

一見なんら工夫のあとは分からないと思いますが、高画質の一眼レフで撮影する際に
ボケ味などと言われるものがあり、それを好む撮影と好まない撮影があるのです。

例えばこちらの写真、カワセミにピントが合っていますよね!?
そして、背景はボケていますよね!?

簡単に言えば私的にこれがボケ味とも言えます。

ただ、今回は樹脂パーツコーティングを1年前に実車へ塗布し、
一年後に比較画像を撮影するものだったので、

このようにアップで万遍なくお見せしたかったのです。

しかし・・・通常撮影ですと、

深度合成(フォーカスシフト)写真撮影
このように違いが出るため、どうしても深度合成(フォーカスシフト)する必要があったのです。

動かない被写体ならほとんど深度合成(フォーカスシフト)撮影可能です

「深度合成(フォーカスシフト)写真撮影」の方法については、でGoogle検索すると
詳しい説明が多くあるのでここでは詳細を省きますが、簡単に言うと

一つの被写体を撮影するのに約10枚から100枚、ピント位置を変えながら撮影し、
LightroomやPhotoshopなどのソフトを使って合成する!! と言うもの

なので、小見出しにありますように「動かない被写体」と言う制限が前提となりやすいです。

まぁ正直言って、ここまでこだわる方と需要も少ないかなと思いますので・・・・

コツコツと撮影例を増やそうと考えている今日この頃でした。

[the_ad id=”7582″]

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
096-288-5153